トップ → 施設のご案内 → 鼓楼(ころう)


  
   御影堂への参道を挟んで、鐘楼と向いあって建てられています。
 弘化3年(1846)の建築で、二間四面袴腰付きの入母屋造り、楼上には直径1mの太鼓があり、重要な行事の開始を告げます。太鼓は名古屋来迎寺の門徒が天保13年(1842)に寄進したものです。
鼓楼の写真1