トップ → 重要文化財 顕(けん)智(ち)上人像

  
   御影堂の左脇壇に安置されているのは、第三世顕智上 人の木像です。顕智上人は二世真仏上人と共に親鸞聖人 の信任あつく、真仏上人没後の教団の進展に尽され ました。聖人入滅の際は葬送を執り行われたことが知 られています。
 毎年8月1日と2日(午前中)には顕智上人を偲び「高田まち」が 盛大に行われます。
 像の高さは75.6cm。
 平成18年6月、国の重要文化財に指定されました。